正しいローコスト住宅の選び方とは?


 

 快適な暮らしのためのローコスト住宅とは?


耐震強度偽装問題などによりマンションへの信頼が揺らぐ中、安心して住める家を手に入れるためには、どのような選択肢があるのでしょうか。
 
ここで注目したいのが最近話題の「ローコスト住宅」です。その名の通りローコスト——すなわち比較的安い価格で戸建て住宅を建てようという動きが盛んになっていることを、皆さんはご存じでしょうか。
 
ここでは、ローコスト住宅の基本について簡単にご紹介したいと思います。
 
まず、ローコスト住宅の説明の前に、「衣・食・住」に関する費用対効果の意識について少し考えてみましょう。
 
まずは「衣」。暑さ寒さから身を守るだけで満足する人はあまりいません。たいていは、ある程度のお金をかけて「オシャレ」を意識しますよね。ただし、それは必ずしも高価なブランド品に身を包むことではありません。たとえローコストでも、アイデア次第でいくらでもオシャレは可能です。
 
続いて「食」。これも単なる栄養補給だけで満足する人はあまりいません。やはり食の楽しみ、つまりは美味しいものを求めるのが普通。この場合も、安い食材で美味しいものを作るというローコストの考え方は当たり前になっていますよね。
 
では、「住」に関してはどうでしょうか。雨風さえしのげればそれで満足——という人はまずいません。快適かつ安心して暮らせることが必要条件と言えるでしょう。
 
ところが、住宅にかかる費用に対する考え方は、衣食とはやや異なってきます。
 
安く抑えたいと考える一方で、「良い住宅は高いもの」という意識がどうしても頭の片隅にあります。極論すれば、あまり安い家には住みたくないという考えさえあるのです。つまり、ローコスト住宅とは正反対の「常識」が根付いているのですね。
 
しかし、こうした考えで本当に快適な暮らしが送れるでしょうか。高価な家が快適なのは当たり前ですが、暮らしとは住宅だけで成り立つものではありません。高額の住宅ローンを支払うために他のすべてを節制して、それでも快適な暮らしと呼べるでしょうか。
 
ローコスト住宅では、従来の考え方に一石を投じます。これは衣食住のすべてに言えることですが、本当に快適なものは品質が高いことはもちろん、ローコストで買い手に負担をかけないことが望ましい。つまり「快適で高品質でありながら、アイデアを駆使することで安く抑えた戸建ての家」——それこそがローコスト住宅の目指すところなのです。
 

 ローコスト住宅は「安かろう悪かろう」か?


ローコスト住宅を語る上で欠かせないのが、品質の問題です。ローコストという言葉から「あまり良くない住宅なのでは?」と不安を覚える人もいるのではないでしょうか。
 
日本には昔から「安普請」という言葉があります。安い費用で建てた上等でない家のことですが、そう呼ばれるような欠陥住宅が後を絶たないのも、残念ながら事実です。
 
ローコスト住宅というと、どうもこの安普請とイメージが重なって「安かろう悪かろう」なのではと考えがちですが、もちろん安普請とローコスト住宅はまったくの別物。というのも、誰のためのローコストなのかという理念が根本から異なるからです。
 
安普請は売り手の利益のために手抜き工事をした欠陥住宅、ローコスト住宅は買い手にとって費用負担の少ない高品質な住宅——この違いは一目瞭然ですね。
 
もちろん、ローコストが可能となるのにはそれなりの理由があります。ここではローコスト住宅に必要なポイントを3つに絞って紹介します。
 

ローコスト住宅の心得1

  • ライフスタイルを明確かつシンプルに

 
人間、欲を言い出せばキリがなく、あれもこれも欲しくなってしまうのが人情というもの。また、既成概念にも引きずられがちです。
 
しかし、それではローコスト住宅はとうてい叶いません。 造りが複雑化すれば、それだけ費用も増大するのが道理。ローコスト住宅を実現するにはまず、ライフスタイルを明確かつシンプルにすることが大切です。
 
たとえば、和室の客間は本当に必要でしょうか。真壁にしたほうが良いですか?そこに床の間は必要でしょうか。冷静になれば、本当に必要なものだけが見えてくるはず。そうすれば、設計や構造も自ずとシンプルになり、それだけ費用も抑えられます。ローコスト住宅とはライフスタイルに最適化された家でもあるのです。
 

ローコスト住宅の心得2

  • 流通コストをなるべく抑える

 
ローコスト住宅の実現においては、材料を選ぶ際の費用対効果意識も大切。オーダーメイドの高級材ばかりでは、当然ながらローコストには収まりません。なるべく広く普及した材料を工夫して、より快適なオリジナリティのある成果を目指すことも、ローコスト住宅には欠かせない要素なのです。
 

ローコスト住宅の心得3

  • 建築会社との意思疎通をしっかりと

 
ローコスト住宅を確実に成功させるには、建て主と建築会社などが、設計段階から工事監理まで、すべての過程においてしっかりと意思疎通をはかることが何より大切。
でなければ、それこそローコスト住宅ではなく安かろう悪かろうになってしまう怖れがあります。
 
つまり、単なる安普請ではないローコスト住宅を実現するには、あくまで建て主の意志が不可欠。どのような暮らしを望むかというビジョンを明確に持ち、そこに至る道筋をもっともローコストに抑えること——それがローコスト住宅の成功につながるのです。
 

 ローコスト住宅は、

大手の住宅と何が違うのか?

さて、それではローコスト住宅と、大手住宅メーカーとは何が違うのでしょうか?
実を言うと、品質の差はありません。会社によってはローコストをうたっている地場の住宅メーカーのほうが品質が高い場合も珍しくありません。
 
これは、大手住宅メーカーの多くと、地方住宅メーカーが使っている建築材料はほとんど同じなのです。キッチンもお風呂もトイレも外壁も、屋根も建具も床材も、ほとんど一緒。場合によっては、工事会社まで一緒と言うことも珍しくありません。
 
一番の大きな違いは、会社のイメージ、安心感です。すいません、間違いました。一番の違いは価格です。
 
一般的に大手住宅メーカーと地場の住宅メーカーの金額の差は坪当たり10万円以上は出ると言われています。
 
なぜか?それは、大手住宅メーカーのほとんどが工務店と呼ばれる会社に工事を依頼しているからなのです。簡単に言えば丸投げですね。そこから各下請け業者に仕事が回ります。工事の責任はすべて依頼された工務店に向けられるので、工務店はいつでも大変な状態です。
 
地場の住宅メーカーは、工務店へ発注などしません。直接、職人へそれぞれの仕事を依頼するのです。
 
この工務店が抜けるだけで15%〜20%は違ってくると言われています。
 
研究熱心なローコストをうたっている地元住宅メーカーは、大手住宅メーカーをよく研究しています。そして、大手建築メーカーの良いところを取り入れて、日夜、住宅を改良し建てているのです
 

 ローコスト住宅は、どこで建てられる?


では、実際にローコスト住宅を建てたいと思ったら、どこに相談すれば良いのでしょうか。
 
ローコスト住宅とはあくまで考え方と目指すところであり、特定の工法による住宅を指すものではありません。したがって、ローコスト住宅をうたっていれば、どこでも建てられるとも言えます。
 
有名ハウスメーカーはもちろん、個人の建築士、地域の小規模建設会社、輸入住宅会社——あるいは、とくにローコスト住宅という看板を掲げていなくても、実質的にローコスト住宅の理念に沿って設計・建築を行う業者もあるでしょう。
 
逆に、いくらローコスト住宅をうたっていても、費用対効果のバランス意識が建て主と一致しないようでは問題です。そういう意味では看板云々よりも、「ローコスト住宅を建てたい」という私たちの意志をくみ、親身になって相談に乗ってくれるところ。それこそがローコスト住宅を実現するための最良のパートナーなのです。
 
そのパートナーを探すためには、ぜひ見学会に参加してください。そして、見学会にいる営業や設計、工事の人に声をかけてみてください。それが成功の第一歩となるはずです。

  無料 資金相談
  • 最初は、一番心配な資金を確認し、安心して計画を進めましょう。
  無料 プラン・見積り
  • 2番目に、資金計画にあった理想の間取をつくりましょう。
  無料 土地探し
  • 3番目に、あなたの理想のお家のための土地をお探しします。

 最新情報はこちらから!


LinkIcon 見学会のご案内

次回:12月16日(土),17 日(日)

LinkIcon 紹介されました!

 日本ビルダーズ大賞 お客様満足賞受賞!

LinkIconイベント・カレンダー

見学会・お休み

社員募集中!

お客様と一緒に楽しむ家づくり
あなたは、今の家づくりに満足していますか?

 マンガ・冊子 プレゼント!

あなたが家づくりについて学ぶためのガイドブックをたくさん用意しました。マンガから冊子まで、家づくりにご不安な方は、最初にこちらをお読みください。


 まずは見学会へ!

第一歩は見学会がおすすめです。お家のこと、住宅会社の事、大切な事をたくさん知るには現場しかありません。


LINEの登録を!

見学会や、お家づくりのお役に立つ情報等を送ります。

 LINE ID:@shome