盛和塾の「世界大会」に参加してきました!

色々な事

「盛和塾」といっても「何の塾?」と思われる方も多いでしょう。

そこで、まずは盛和塾の説明から

盛和塾とは、稲盛和夫さんの教えを請う塾

盛和塾とは「京セラ」や「KDDI・au」をつくり、JAL(日本航空)を再生させた稲盛和夫さんが36年前に作った塾のことです。

稲盛塾長の本は、本屋さんに行けば常に平積みになっていくるくらいですから、ご存知の方も多いでしょう。

盛和塾のHPのトップには、
「経営の王道を学ぶ、起業家のための経営塾」
と書いてあります。

これが、どのような内容なのかというと説明がとても難しい。
と言いますか私も理解できていないところがまだたくさんあります。

稲盛塾長から、人としての生き方「人生哲学」と経営者としての心の持ち方「経営哲学」を学ぼうという塾です。

その「盛和塾」の年に1度の大会が横浜で開催されました。

盛和塾の「世界大会」

今回開催されたのは、盛和塾の「世界大会」です。

世界大会というくらいですので、世界中から来ています。

その数、4791人!
(データ上なので、来ていない人もいるとは思います。)

台湾、中国はもとより、アメリカ(ハワイや本土)、ポーランドからも来ているそうです。
(通訳が入っています)

中国系の方も多かったようで、稲盛塾長の本は日本よりも中国の方が販売数が多いといっていました。

メインは、会員の発表です。
今回は、6名の方が発表されました。

大会発表の後は、休憩のコンサート

原田 悠里さんのコンサート

紅白にも3度出場している原田悠里さんのコンサートがありました。

原田さん、稲盛塾長と同じ鹿児島大学を卒業しているそうで、稲盛塾長も大切にされているようです。

4700人のお昼

4700人以上の人が集まっているわけですが、お昼はどうするのだろう?
と思ったら、会場の近くにある展示施設がお昼の会場になっていました。

とにかく広い。
宇都宮のマロニエ・プラザの数倍はあろうかという広さです。

お昼の時間も、85分と余裕を持って取っているのですが、これだけの人数がゾロゾロと移動していると、かなかな進みません。

塾長のパネルを見ていたら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

稲盛塾長

稲盛塾長と、盛和塾の歴史が書かれたパネルが展示してありましたが、撮影禁止。

フォトスポットが用意されており、一緒に撮影をすることができました。


JALの再生

稲盛塾長の伝説はいくつもあるかと思いますが、これもその一つ。

JALの再生です。
JALが倒産した時、日本のためには再生が必要だけれど、その困難さを考えると誰もやろうとしませんでした。

稲盛塾長も最初はそうだったようです。
年齢的にも厳しかったのでしょう。

しかし、懇願され日本のためなら、と再生を請け負い、見事に再生をしました。
誰もが驚いたのではないでしょうか。

会場には、稲盛塾長の名前が書いてある作業着が展示されていました。

会場にもJALの方がいらっしゃって、会場のお手伝いや、グッズの販売をしています。

京セラという会社をつくり、誰もが失敗すると反対したKDDI(au)をつくり、JALを再生させた稲盛塾長が大切にされた事がフィロソフィーでした。

京セラ・フィロソフィー

今回の世界大会には、体調がすぐれないと残念ながら稲盛塾長はいらっしゃいませんでした。

そこで、稲盛塾長の言葉を代読されました。

その、一文を紹介します。

稲盛塾長は「社員の物心両面の幸福のため」と言っています。

こお言葉で勘違いしてはいけないのは、楽に仕事をするとか、給料を高くするとか、そう言うことを言っているのではないと言うことです。

私の理解力では、全くと言っていいほど説明できません。
どのように書いても、貧相な文章になってしまうのです。


ぜひ、本を購入して読んでみてください。
優しい文章で書いてありますので、難しいことはないでしょう。
しかし、その奥深さに驚かれるはずです。

残念ながら、盛和塾は稲盛塾長の歳のこともあり、今年で終わりになります。
ただし、この気持ちは残り、塾生が各地で塾を残していくそうです。

私も、それに参加して学ばせていただければとお思います。

「里山住宅博 in つくば」パネルディスカッション!

あなたも出来る!家づくり 家づくり、知っておいて欲しい事

ふう、「里山住宅博 in つくば」も、これで最後です。

今回の内容は書こうかどうか迷ったのですが、せっかくなので少しだけ書こうと思います。

熱い想いの5人!

パネルディスカッションは、このメンバーで開催されました。

左から

進行:新建新聞社社長 三浦 祐成さん

住宅建築業界のセミナーと言えば、必ず出てくるのがこの三浦さん。

リクシルの時にもいらっしゃいました。

この人が進めるとなかなか面白くなります。

小玉 裕一郎さん

「里山住宅博 in つくば」のグランド・デザインを担当された方です。

伊礼 智さん

私のブログには何回も出てきている伊礼さん。

書籍も多数出しています。

堀部 安嗣さん

なんと書いていいのか悩みますが、話を聞いた感じでは「The 建築家」。

筑波大学を出ているので、「里山住宅博 in つくば」の開催地でもある筑波には思いいいれがありそうです。

森 みわさん

パッシブハウス・ジャパン 代表理事

家づくりを通して、原発をなくしたいと考えているようです。

パネルディスカッション!

三浦さんの司会で、パネルディスカッションが始まりました。

三浦さんの考えた「里山モデル」

堀部さんの思う里山

堀さんは、鋭い意見を言います。

「筑波には30年以上前の学生の頃に住んでいた、
 新しいショッピングセンターや、駅ができるたびに街が使い捨てられていく」

三浦さんの考えたヴァンガードハウス

皆さんのご意見を順番に掲載します。

堀部さん、

建築家の家は、変な家と思われている。
高価な家をつくっても、一般の家にフィードバックをできるようにする必要がある。

ホンダのF1参加のように。

伊礼さん

住みやすさ、使いやすさを考えるとつまらない家になる。

建築としても魅力が欲しい。

森さん

今の家は、4人家族で考えることが多いが、1世帯の平均は2.42人しかいない。

本当に、4人分の家が必要なのか。

堀部さん

伊礼もどきが多い。
照明も、使っている材料も、みんな一緒。
思考停止しているのではないか。

建築家が形を作りすぎている。

伊礼さん

自分の積み上げをしている

清家清さんの言葉。
「真似してくれないディテールなんて」

自分らしい設計をしている

ここで、一悶着?

ここで、堀部さんが伊礼さんに意見します。

ただ、これは堀部さんと伊礼さんの建築に対する違いがあったために起きたと思いっています。

堀部さんは、建築家なのだから標準化とかいうのではなくて、それぞれの家を考える「ベーシックが大切」と言っています。
「図面を公開したりする事もどうなのだろうか」と考えています。
「自分の特殊性を考えるのが大切」という言葉からも、堀部さんの意識が伝わってきますね。

伊礼さんは、自分の家づくりノウハウを公開しているのです。
その理由は、建築家の建てる家を少しでも安くしたいという考えもあります。
もっと高品質なデザイン性に優れた家に多くの人が住めるようになるには、規格なども必要があると考えているようです。

この話が出た時には、会場が緊張したのがわかりました。

三浦さんも、伊礼さんに
「何か、堀部さんに言いたいことがあったら言ってください」
みたいに、火に油をそそぐような事も言ったりして。
この辺りのコントロールの上手なところが、三浦さんなのですが。

森さん

性能を良くするために、数字を上げることが大切と言っているわけではない。

性能も「ここまでで良い」とは言っていない。

今までは「コスト重視」が多い。

一番の目的は「体が楽になる事」。

最初は自分のエゴで進めて、次に社会の事を考える。

終わりに

長く続いた「里山住宅博 in つくば」のブログも、これで終わりです。

もしかすると、私の理解力不足で誤解を与えてしまうところもあるかもしれませんので、その点はご了承ください。

今回のお家は一つの考え方です。

万人向けでもありませんが、どこかホッとする家づくり、極めようとする家づくりには、我々家づくりを職業としている者にも学ぶことは多くありました。

「里山住宅博 in つくば」に建つ注目の家

あなたも出来る!家づくり 間取りのポイント! 家づくり・実例集 家づくり、知っておいて欲しい事

「里山住宅博 in つくば」も、もう5回目。
連載をたまにしますが、5回もあるのは珍しいですね。
それだけ、注目してもいいお家がたくさんありました。

全てを紹介したいところですが、今回は前3回で紹介した「ヴアンガード・ハウス」以外で、見学させていただいたお家を紹介します。

里山のとんがり帽子:石坂工務店

モダンだけれど、どこか懐かしい外観が目を引きます。

屋根上にちょこんと飛び出た「排気塔」がカワイイですね。

リビングのすぐ前はコモンスペース

リビングのすぐ前(北側)には、コモンスペースがあります。
全く仕切りも何もないので、自分の庭のようですね。

リビングの南側には、土間スペースがあります。
土間というと段差をつけるイメージがありますが、ここは違います。

タイルを貼ってあるのです。
タイル自体はさほど厚みが有りませんので、リビング床とフラットになっていて使いやすそうです。

吹き抜け

リビングには、吹き抜けがあります。
階段も一緒についていて、気持ちの良い空間です。

吹き抜けには、手すりだけではなくて障子を付けています。

障子だと、狭さもあまり感じませんし、閉めても光を柔らかく通してくれるので真っ暗というイメージにはならないでしょう。
なかなかのアイデアです。

作り込んだ階段

大工さんも大変だったそうです。
この階段。

なかなかこのような階段を見ることは出来ませんね。
地元工務店、大工さんを大切にしている工務店だからこそできる階段なのでしょう。

設計としてはもう少し作り込みたかったそうですが、大工さんが勘弁してほしいということで、このような作りになったそうです。

作り込んでありますけれどスッキリしていて好きな階段です。

あなたとつくる家:けんちく工房邑

このお家、平屋で特徴の多いお家なのですが、すでに買主決まっているのだそうです。

リビング

建物自体、大きくはないのですがスッキリとまとまっていて使いやすそうです。

個室

どのような用途で使用するのでしょうか。
この部屋からはコモンスペースを見ることが出来ます。

ガッチリした梁を露出させているのが、力強さを感じさせてくれます。

キッチン

キッチンも、作り込んでいますね。
ステンレスが眩しいく美しいです。

洗面脱衣所

洗面脱衣所は、少し広め。
写真の左側にはトイレがあります。

このお家は、部屋ごとに壁の仕上げを変えています。
それぞれ、適材適所という考えなのでしょう。
こだわりを感じますね。

家族が仲良く暮らす、自然を楽しむ家:エダカワ A.T home

ちょうど角地に建っていて、目立ったお家がこちらです。

外観は、少し小さめに感じるかもしれませんが、中は広々としています。

リビング・ダイニング・キッチン

とっても落ち着く雰囲気です。
リビングはちょうど良い広さ。

キッチンからは、ダイニングもリビングも、後で紹介する中2階も見渡せます。

ダイニングは2段あげてあり、3方窓に囲まれています。
行きたかったのですが、談話中で話が盛り上がっていて断念。

和室

キッチンの横にある和室です。

リビングとはまた違って寛ぐことができるでしょう。

中2階と階段

中2階を作り、階段スペースと併用しています。

中2階の下は収納になっています。
結構使えるんですよね、このような収納。

玄関ホール

私が好きだったのが、この玄関ホールの窓。
この部分を全体的に明るく、楽しくしてくれます。

HANAREのある家:アキュラホーム

「里山住宅博 in つくば」には大手住宅会社は出ていませんが、見学させていただいた中で唯一の大手住宅メーカーさんの建物です。

この、蔵が2つ並んでいるような感じは好きです。

この2棟、建物は別になっているのが特徴です。
まるで「住吉の長屋」のよう。

ガレージと母屋

正面から見ると、このようになります。
橋でつながっているのがわかりますね。

左が母屋で、リビング・キッチン、寝室があります。

右は、1階がガレージになっていて、2階はフリースペースです。

階段が!

この階段も、インパクトがありますね。
金物か何かで支えているのかと思ったのですが、そういうわけではないそうです。

見た目より、怖くはありませんでした。

2階のフリースペース

右棟の2階、フリースペースです。

写真だとわかりにくいかもしれませんが、天井の上の部分は丸くなっています。
大工さんが、合板を曲げた力がわかります。

右の窓にある手すりですが、持ち上げると簡単に外れます。
何か大きなものを運びいれたりするのでしょうか。

他にもたくさんのお家を見学させていただきました。
ありがとうございます。

どれも素晴らしいお家ばかりです。
茨城で家づくりをお考えの方は、ぜひ足を運んでくださいね。

森みわさん「アトリエのある小さな木の家」里山住宅博 in つくば

あなたも出来る!家づくり 間取りのポイント! 家づくり・実例集

「里山住宅博 in つくば」は4回目。
今回は、森 みわさんのお家を紹介します。

「里山住宅博 in つくば」に建てた多くのお家は、お客様がいらっしゃらないまま設計をして作っています。
しかし、このお家はお客様がここに森みわさんの家を建てたいという話があり、作られたお家です。

森 みわさん曰く、設計、というよりも監修という感じのお家だそうです。

森 みわさんは「原子力発電所をなくしたい」という思いからパッシブハウス(ざっくり説明すると、自然のエネルギーで生活できる家)の設計に特化している方です。

特に、今回のお家は敷地が南から45度近く斜めになっているため、太陽光を入れるのが難しく苦労されたと言っていました。

森みわさん「アトリエのある小さな木の家」

外観は、モダンなデザイン。

玄関横には車寄せのような屋根がついています。
ここに車を止めて荷物を下すことができるので、雨に日にも安心です。

リビングには段差を付けて

リビングは、通常の床よりも2段下げてあります。

構造的な納まりとか複雑になりますが、オシャレな雰囲気を感じさせてくれます。

リビングからコモン・スペースを見ると、床が低い分より緑が近く感じられるでしょう。

奥様のアトリエ

コモン・スペースに面したアトリエ。
カウンターの形が斬新ですね。

窓は2つあり、両方からコモンスペースを見ることができる最高の部屋です。

床は、汚してもいいように工夫がされています。

ご主人の書斎

階段下の空きスペースを利用して作ったのが、ご主人の書斎です。

キッチン

キッチンはシンプルに。
一般的には対面キッチンが多いですが、「里山住宅博 in つくば」では対面以外のキッチンも多く見受けられました。

洗面脱衣所

こちらもシンプルに。

右側は、収納になっています。
たっぷりですね。

浴室

こちらはユニットバス。

予算のこともおっしゃっていたので、この辺りは割り切ったのでしょう。

階段

階段は、段板が半分ほど突き出ているタイプ。
浮いているようです。

踊り場にあるのがトイレです。

この階段、とてもオシャレなのですが一つだけ気になった事があります。

上から見ると横線が多くありすぎて、どこが段になっているのかわかりにくいのです。
とってもカッコ良いのですが、老眼の入った私には少し危険でした。

トイレ

1階と2階を結ぶ階段の踊り場にトイレがあります。

最初は2ヶ所作ろうかと思ったそうなのですが、予算を調整するために1ヶ所になりました。

1階につけるのか2階につけるのか悩んだ挙句、1階と2階の途中につけることになったのだそうです。

これはなかなか大胆な発想ですね。

寝室

勾配天井が開放感を感じさせてくれる寝室です。

ベットの奥スペースは、クローゼットになっています。

寝室の窓からは、道路側を見る事ができます。

洗濯機は2階へ

洗濯機を置く場所に悩む方は少なくありません。
今回は、2階においています。
それも、寝室のウォークインクローゼットの隣です。

洗面脱衣所は1階にありますので、2階まで運んで洗い、2階に干して、2階にしまうという動線を考えたのでしょう。

こちらは、洗濯パンを付けていますね。

子供部屋

子供部屋には、カワイイ階段があります。
一段ごとに、足を乗せられるようになっています。
本棚にもなりますね。

ロフト部分には、空調のガラリがありました。

子供部屋は2つあるのですが、その間が吹き抜けになっていて、リビングとそれぞれの子供部屋がつながっています。
その仕切りも障子で作ってあったり。

次回は、「里山住宅博 in つくば」で見せていただいた他のたくさんのお家の良かったところを紹介させていただきます。

あなたの家づくりの参考にしてくださいね。

お楽しみに!

堀部安嗣さん「つくばのベーシックハウス」里山住宅博 in つくば

あなたも出来る!家づくり 間取りのポイント! これが大切!お家の体験談

「里山住宅博 in つくば」も3回目。
今回は、堀部安嗣さんのお家を紹介します。

堀部安嗣さんの「つくばのベーシックハウス」

多くの人の手に届く価格帯で住むことができる要素を含んだ住宅をしました。

夫婦の生活が1階だけで完結できるようにも工夫してあります。

リビングとダイニング

リビングとダイニング、キッチンが見渡せます。
見渡せる場所もありながら、それぞれが分かれている工夫もされています。

2階部分が乗っているのは、白い壁の部分。
黒い壁の部分は、1階のみ。
前の写真を見ていただいてもわかりますね。
これは、構造的にとても大切なことなのです。

リビングとダイニングの窓

この、リビングとダイニングの窓が良いですね。

特に、この窓の下端の高さ。
椅子の座面くらいでしょうか。
広さを感じますが、包まれているような安心感も感じます。

ここは角の部分で、広く見ることができます。

角の部分を外から見ると、このようになっています。
構造的に結構悩む形です。
耐震等級2を取っているそうです。

リビングの階段

リビングの階段は、堀部さんが好きだと言っていた場所です。

ソファーの裏側に、寝室があります。
最低限だけれど、無駄がなく機能的、そのような家を目指しているそうです。
ジウジアーロがデザインした車の「ワーゲン ゴルフ」を例に挙げていました。

ソファの左に座っている黒いシャツを着ている方、たぶん堀部さんです。

リビングの天井には、通気と採光を金たトップライトがあります。
屋根の上に、もう一つ小さな屋根をつけていて、そこで採光や換気、通風をしています。

階段がなにげにカワイイ

階段の段板も、工夫されています。
角の部分に丸みを持たせているのです。

キッチンは、安くてもいい

キッチンは、いたってシンプル。
パナソニックの物を使っているようです。

「キッチンにお金はかけなくてもいい」
と言っていました。

通常なら、お金をかけているのでしょうけれど、予算を考えるとこのほうが機能的ということなのでしょう。

そのようなわけで、収納スペースもこのような感じです。

今は、イスとテレビが置いてあります。

キッチンの収納家具は「イケアでもいいんじゃない」とも言っていました。
今までの考えを知らないので経過はわかりませんが、割り切っています。

「大切なことは、設備が家の価値を決めるのではなく、プランがその家の価値を決めること」
と、おっしゃっていました。

キッチンからのウッドデッキ

キッチンからは、このような可愛いウッドデッキに出ることが出来ます。

このような半外部環境が重要になってくると考えているようです。
コモンスペースにつながっていくのでしょう。

伊礼さんも大好きな、あのイスが!

伊礼さんも大好きな、あのイスが置いてありました。

やはり定番なのですね。

寝室は、1階に

シングルが2台並べておける広さ。
寝室を1階に配置することで、1階のみでの生活を視野に入れています。

収納にいるのは、たぶん堀部さん。

会場にいたのなら、声をかければよかった。
まだ、堀部さんがどのような方かを知らなかったのです。

洗面台

一見普通の洗面台に見えますが、上にはトップライトがあります。

これが、洗面台上のトップライト。
通風、換気を担っています。

洗面脱衣所

ハンガーパイプもしっかりと付けてある洗面脱衣所。

右のタオルかけが付いているのは、壁ではなくて建具。
このような機能、建材メーカーでも出してくれないかな。
オプションでもいいので。

洗濯パンは使っていませんね。
だからスッキリ。

お風呂

お風呂の窓は、高い場所にぴっちりと付けていますね。

今回のように、外とのつながりを考えると、お風呂の窓の位置をもっと下げたくなりますが、外部から見えるのを抑えたのでしょう。

2階の洋室①

2階の洋室には、吹き抜けとつながる格子があります。

この格子は、横に動かして開け閉めが出来るようになっています。

入り口ドアの上にはランマが付いていますね。
今回の「里山住宅博 in つくば」でも、このようなランマをつけているお家が何箇所かありました。

家全体の環境を整える際に、大切なのでしょう。

2階の洋室②

こちらは勾配天井になっている洋室です。

断熱材が見える天井

2階の納戸の天井は、仕上げがしてありませんでした。

目ているのは、下地と断熱材。

この断熱材がとても効くので、見えるようにしたとか。

玄関

玄関です。
靴で、大変なことになっていますね。

雨も降っていたので、汚れてしまわなかったか心配です。

下駄箱には、手で掴む丸い部分が付いています。
手すりではなくて、これも使いやすかったです。

シュークローク

玄関の収納もしっかりと確保してあります。
ハンガーパイプも便利ですよ。

建築家の家は、デザインを優先するあまりに使いにくくなってしまうことも多いのですが、堀部さんの家はしっかりと現実的な住みやすさも兼ね備えていると感じました。

堀部さんの本とサイン

堀部さんの本を購入するとサインをもらえるというので、購入しました!

サインが、これです。

書いてくださったイラストは、今回のお家を上から見たところですね。
カワイイ。

次回は「里山住宅博 in つくば」、4回目。
「森 みわ」さんが監修したお家を紹介します。

ページの先頭へ