エコキュートやガスボイラーの給湯器、寒い冬の注意点とは!

家づくり、知っておいて欲しい事

1月26日は寒かったですね。

なんと、大田原では氷点下16.4度とか。

寒い時に心配になるのが「給排水」関係。

特にエコキュートやガスボイラー等の給湯器は調子が悪くなることもあります。

そこで、今まで建てさせていただいた方に、エコキュートやガスボイラー等の給湯器の取り扱いについて緊急でメールを送信させていただきました。

多くの方から「参考になった」とのご返事をいただきました。

そこで、あなたにも知っておいてほしい寒い時期の給湯器の注意点についてのお話です!

寒い冬に気をつけていただきたい事は、この2つ!

エコキュートやガスボイラー等の給湯器は、以下の2つを守りましょう!
冬に慌てることが無くなります。

1、電源を落とさない!

絶対にしてほしくないことがコレです。

電源を落とさない。

エコキュートやガスボイラー等の給湯器は、寒い時に自分で凍結しない様にするシステムを持っています。

ところが、電源を落としてしまうとそのシステムが働かなくなってしまうのです。

万が一水漏れなどを起こしてしまうと、補修費用はバカになりません。
特にエコキュートは10万円くらいかかることも!

修理が完了するまでお風呂に入れませんし、懐も寒くなってしまいます。

プロでもやってしまうこの失敗、、、

実は、この電源を落としてしまう失敗、プロの人でもやってしまうことがあります。

お引き渡し前にはブレーカーを落とすのが鉄則。

通常でしたらそれが正しいのですが、寒い冬は別なのです。

2、浴槽の水を入れておく

こちらも大切!

エコキュートやガスボイラー等の給湯器が浴室の追い焚きに繋がっている場合、浴槽の水を残しておいてください。

水を残しておくと、凍結防止にエコキュートやガスボイラー等の給湯器が自動で水を循環させてくれます。

最近のエコキュートやガスボイラー等の給湯器は、とっても賢いのです。

注意点として、このシステムも電気が必要なので電源やブレーカーを落とす様なことは厳禁です。

メーカーからの解説も参考にしてください!

各給湯器のメーカーや関連会社も、冬の給湯器について注意喚起しています。

紹介させていただきますので、参考になさって下さい。

エコキュートQ&A 冬場によくあるご質問(凍結)など:パナソニック

https://sumai.panasonic.jp/hp/5qa/5_7.html

エコキュートの凍結予防方法は?:パナソニック

https://jpn.faq.panasonic.com/app/answers/detail/a_id/99147/~/【エコキュート】エコキュートの凍結予防方法は?(動画説明あり)

ガス給湯器の凍結防止:東京ガス

https://home.tokyo-gas.co.jp/gas/kiki/frozen.html

ガス給湯器 寒波・凍結・積雪の場合:ノーリツ

https://www.noritz.co.jp/aftersupport/disaster/cold_wave.html

長期で家を空ける場合

長い期間家を空ける場合には、安全のためにもブレーカーを落としたいですよね。

その様な時は、水道の元栓を閉めて水抜きをしましょう。

1、元栓の閉め方は、水道メーターBOXに一緒にあるレバーを回すだけです。
レバーが動く角度も少しだけ。

2、屋内水道の栓を開けて下さい。
最初は水が出ますが、そのうち止まります。

エコキュートやガスボイラー等の給湯器も必要になりますが、これらは機種によって違いますので調べて下さい。

こうすることで、不在中に水漏れを起こすことを防いでくれます。

家を空けている時に、エコキュートやガスボイラー等の給湯器や、屋内の設備から水が噴き出していたなんてなったら恐ろしいですね。

下の写真は、2023年1月26日の那須アウトレットです。

この日は、大田原で最低気温が氷点下16.4度を記録した日。

ここ那須アウトレットも昼間だというのに氷点下5度でした。

お客様、あの広いところに2〜5人くらい。

それでも、お店はやっているのですね。

庭を掘ったら出てきました!

あなたも出来る!家づくり

とうとう、本格的に工事が始まります。

前日に、南側の方と東側の方にご挨拶と工事の説明をしてきました。

寒い中、業者さんが一生懸命掘ってくれています。

山盛りになる土

現場に行くと、小さな山がいくつか出来ていました。

この山は、擁壁の内側を掘って出た土です。

気をつけながら中に入っていくと、お城の堀が出来たようになっていました。

思ったよりも深いですね。

擁壁の基礎も、思った以上にしっかりと出来ています。

私が住む前に住んでいた方は基礎屋さんだったそうです。
自分達で基礎を作ったのでしょうか。

そして土を盛ったのかもしれません。

下水の最終升

下水を流す最終升の周りも掘ってありました。

昔ながらのコンクリート製。
今は、住宅では使いません。

少し、水道管を破損してしまったとのことで、水が漏れてしまいました。

現場仕事をしていると、色々な事に巡り合います。

土間?基礎?

地面の下の方からは、土間のようなものが出てきました。
写真真ん中の少し下です。

何なのか、なぜここに有るのかよくわかりません。

不法投棄のような物が無いことを願うばかりです。

そう言えば、地盤調査の方が調査出来ずに苦労していました。

多分、これが原因だったのでしょう。

まさか、こんなところから出てくるとは!

掘っていくうちに、業者さんから電話が来ました。

まさか、そんなものがここに有るのか!
という物が出てきました。

下の写真の真ん中あたりの白い部分です。
ここは、もともと土が60cmほど盛ってあった場所です。

そこから何が出てきたのでしょうか?

見えるのは、丸いコンクリートの蓋。

これが何かと思ったら!

井戸の蓋!

真ん中あたりのグレーの部分。
ここが井戸のコンクリート蓋です。

けっこう、しっかりした井戸のようです。

業者さんが蓋を開けてくれました。

下の方には水が溜まっているのも見えます。

昔はポンプに繋いでいたのでしょうか、塩ビパイプが2本垂れ下がっています。

災害時のためには取っておくといいのかもしれませんが、まともに使えそうもありません。

井戸はそのままにしておくと危険でも有るので、埋めてもらう事にしました。

土は、かなりの量を処分する予定だったので、業者さんからすると助かったでしょう。

境界もわかるように

この土地は、比較的境界がはっきりしていたのですが、将来のことを考え念の為「境界協定」を行いました。

特に、南側の方と東側の方と境界の打ち合わせをしました。

その中でも、一番難しいのがここ。

3軒の境界が集まっています。

ここには、週明けに測量士さんに仮杭を入れていただき、隣地の方に再度ご確認をいただきます。

何回もやるようですが、大切なことなので丁寧に行います。

今、しっかりと境界をはっきりさせておかないと、子、子孫が大変苦労する事になるのです。
それないに費用はかかりましたが、やって良かったです。

不思議な壁

この土地と建物は、中古で購入しました。

そのため、なぜこのようになったのか知らないのですが、不思議な場所があります。

それがここ!
わかりますか?

擁壁ブロックと、建物がくっついているのです。

この作りだと、建物のほうが先だと思いますが、思いっきり建物にくっつけて作っています。

その隙間、私の指が入らない程です。

作るのも作りにくかったことでしょう。

工事はまだまだ始まったばかり。

さて、これから何が起こるのでしょうか?

とうとう若草の造成工事が始まりました!

あなたも出来る!家づくり

「建てる建てる詐欺」とまで言われた我が家。

建てると言い始めて、何年経ったでしょう。

家族からも、銀行からも、社内でも、いつ建てるのかと言われ続けていたのですが、とうとう始まります!

我が家の家づくり。

と言うわけで、まず始まったのが造成工事

外部をきれいにして

私が若草の土地を購入したのは、もう20年くらい前。

その時、塀などはすでに20年は経っていたと思われます。

築40〜50年ほどでしょうか。

そのため、微妙に膨らんでいたり汚れていたりしていました。

崩れそうとまではいきませんが、いつどうなるかわかりません。

汚れもひどいですね。

外構は建った後に行うことが多いのですが、今回は先に一部の工事を行いました。

段差がある塀の工事

この敷地は道路よりも60cm程上がっています。

平坦な土地なら問題ないのですが、60cmも上がってしまうと簡単に塀を作ると言うわけにはいきません。

一部分は擁壁を作ったり、ブロックを立ち上げたりと大きな工事になります。

これらの工事は、建物が出来上がってしまってからでは重機が入らないのでとっても手間がかかるのです。

手間がかかると言うことは、それだけ費用もかかると言うこと。

それらの理由もあり、先に塀の工事を行うことにしました。

解体から

まずは解体からです。

現在ある塀の周りを掘って、内側に倒していきます。

隣の家や、道路に迷惑をかけないようにです。

解体に、約1週間かかります。

そこから擁壁を作ったりするのに2〜3週間。

楽しみですね!

父の家のトイレをリフォームしました!

あなたも出来る!家づくり

母が亡くなってから建てた父の家。
もう15年以上になります。

建物も、父も年をとったということでリフォームをしました。

トイレのリフォームを計画!!

リフォームで多いのが、トイレのリフォーム。

年をとるとトイレまで近くなります。

父の家は、トイレまでドアが2つあるのですが、それすらも大変だそうです。

しかし、トイレと寝室は隣同士。
というわけで壁を壊して、トイレと寝室を行き来できるようにしました!

この写真が、以前のトイレです。

壁にはエコカラットが貼ってあり、今でもしっかりしています。

この左側の壁を壊して、行き来できるようにするのが計画です。

寝室側には、絵が飾ってあります。

スイッチもありますね。

穴を開けて通路を作る部分には手すりがありました。
ここに通路を作ると手すりがつかなくなってしまいます。

何か、策を考えなくてはいけませんね。

いざ、着工!

大工さんにも段取りをして、工事に入ります。

壁を壊して、すぐに問題が発生しました。

なんと、壁の中が軽天だったのです!

軽天とは、薄い鉄板を曲げて壁の下地にする材料です。
主に、事務所やマンションで使われています。

大工さん的には、作業しにくい材料です。

それも、下地は合板。

配線もたくさん通っていますね。

リフォームは、どうしても壊してみないとわからないところがあります。

収めてみても、どうしても合わないところも出てきてしまいます。

こちらの壁は、珪藻土。

ここからが左官屋さんの腕の見せ所です。

さて、トイレのタイルと、寝室側の壁の珪藻土、色と柄を合わせることはできるのでしょうか!!!

完成!

色々と問題もありましたが、とっても綺麗に仕上がりました!

タイルも、左官屋さんが同じ柄のものを見つけてくれました。

寝室側の珪藻土も、全く違和感なく仕上げてくれました!
いや、これは凄い!!


問題のトイレの手すりですが、このような手すりを付けました。

トイレを囲むように設置する手すりです。

背もたれもついています。

便器がINAX製(現リクシル)なので、本来はそちらのメーカーのを使うべきなのかもしれませんが、今回はTOTOの手すりを利用しました。

形はリクシルの方が合うのですが、肘掛けに握り拳みたいのがついていてTOTOの方が使いやすそうなのです。
立ち上がる時に、力が入りやすくできています。
そこで、形状を調べ問題なさそうだったのでTOTOの物を設置しました。

全く問題なく設置完了!
万が一という事もあるので、取り付けられた時にはホッとしました。

通路部分には扉を付ける案もあったのですが、却下。

暖簾にしましたが、これはこれで良いですね。

今年は、窓のリフォームに補助金がかなり出ます。

と言うわけで、次回はサッシのリフォームをする予定です。

ちょっと高級な建具が欲しいならここ!「Kamiya(神谷)」

あなたも出来る!家づくり

リクシルさんや大建さん、可愛い建具からカッコいい建具もありますが「もう少しグレードの高い建具がないかな?」とお思いの方にオススメの建具がこちらです!

Kamiya(神谷コーポレーション)の建具

神谷コーポレーション

実は、私も最近まで知らない会社だったのですが、テレビなどにも作品が紹介されている設計士の方から利用していると教わったのが神谷コーポレーションの建具です。

横浜市にショールームがあるので行ってきました!

こちらの建具の特徴は、なんと言ってもフルハイドア!

一推しのフルハイドアも、じっくりと見てきましたよ!

フルハイドあとは?

まずは、こちらの写真を見てください。

左に映っているのが一般的な建具です。

建具の枠があって、高さは2m。

右の白いドアがKamiyaのフルハイドア。
ドアの高さが天井まで届いています。

それにドア枠が無い!

高さとドア枠がない、この2つは最近のデザインを重視する設計事務所が好むデザインなのです。

真っ白だと、隠し扉のようにも見えますね。

この枠が無いのと高さが高いのがKamiyaのフルハイドアの特徴です。

簡単そうに見えて、実は作るのが難しいのです。

特に、2mを超える高さの建具はトラブルが起きやすいので注意が必要です。

反りに対して永久保証!

建具で多いトラブルの一つが「反り」です。

「反り」とは、建具が曲がってしまう事を言います。

最近のお家は性能も高くなりましたが、部屋間の温度や湿度の差は多少出てしまいます。
特に、洗面脱衣室やリビングが隣同士になると、湿度の差は大きくなってきます。

そうしますと、湿度の差により表面の伸縮率が変わることで反ってしまうことがあるのです。

背の高い建具ほど、その反りが出やすい傾向にあります。

そこで、Kamiyaでは建具の中に鉄パイプを入れるという技を開発しました。
それも、2本も入っているのです!

確かに、あそこまでやれば反りは出なそうですね。

自信もついたのか、とんでもない保証に出ました。

反りが出たら建具を提供する、それも永久保証です!

ショールームには、しっかりとポスターも貼ってありました。

建築部材は使用期間が長いので永久保証というのはまず無いのですが、思い切りましたね。

施工手間はお客様負担とのことですが、この辺りは仕方の無いことでしょう。

鏡面仕上げの建具

エスホーム事務所の1階でも利用していますが、鏡面仕上げの建具も展示してありました。

写真を撮っている私がしっかりと映っていますね。

真ん中の2枚の建具を見てください。

建具の開閉を支える蝶番が見えません。

蝶番は、建具の厚みの中に入っています。

それも、すっきりしている理由の一つです。

一番左は上と下に銀色の金物を見ることができますが、これらが蝶番になっています。
通常の、建具の間に2〜3ヶ所ついている物とは、このような場所でも違うのです。

ドアノブ等は「kawajun」を利用しているので、デザイン・高級感ともにバランスよくなっています。

絵などを飾れる建具

Kamiyaさんでは、ただの建具を作るのに飽きたのでしょうか、とうとうこのような建具を作ってしまいました!

絵を飾ったり、デザインできる建具です!

絵を飾れる建具

まずは、絵を飾れる建具です。

なんと、建具に額がくっ付いています。

写真だとそれほど大きく見えませんが、実物を見ると結構なサイズです。

この額は、けんどん式になっていて上に上げることで簡単に外すことができます。

この機構ができていれば、自分で何かを作って飾ることも簡単にできそうです!

ファブリックドア

下の写真を見てください。

建具の真ん中あたりに柄がありますね。

この柄は、布が収められているのです。

布自体は簡単に変えることができるので、あなたの好きな柄や絵を入れることができます。

お子さんの部屋にも楽しそうです。

隠し扉

イレギュラーな利用の仕方なのですが、こちらの扉も紹介します。

ありそうで無かったこの扉、特徴はクロスを張ることができる扉なのです。

昔は有ったのですが、反ってしまったりトラブルも少なくありませんでした。

kamiyaでは、絶対的に反りに対する強みを活かして、クロスを貼れる建具を出しています。

今となっては、他では無い扉なのです。

そのクロスが貼れる扉を、収納の扉に利用しています。

写真の真ん中辺がそうなのですが、パッと見わかりにくいですよね。

これはいいアイデアなので、私も自邸で応用してみようかと思っています。

珪藻土を塗っても大丈夫か聞いてみたのですが、ドアの振動で珪藻土が割れるかもしれないとのことでした。

建具の両側がガラス!

このような高級感たっぷりの建具もありました。

なんと、建具の両側がガラスで、建具枠もありません!

ちょこっと上下にヒンジが見えますが、すっきりの極みですね。

超高級建具もありました!

このような建具を利用する人もいるんだろうなという建具もありました。

こちらです。

左(オレンジ色)は、牛革が貼ってあります。

右(黒)は、クロコダイルの皮が利用されています。

クロコダイルのお値段は、500万円オ~バ~!!!

しっかりとワニさんの皮を利用しているそうです。

収納扉もフルハイドア!

もちろん、収納の扉もフルハイドアです。

どのように補強しているのか気になりますが、スッキリしていますね。

クローゼットようには、大きな鏡がセットされている建具もありました。

ショールームでは合わせ鏡に、、、、吸い込まれそうです。

ドアの交換サポート!

フルハイドアの永久保証の他にも、面白いサービスをしています。

それが「建具の交換サポート」です。

一般的に、建具はつけてしまうと交換は難しい場合が多いのです。

特に、金物などが違ってしまったり枠まで交換しなくてはいけないなど、うまくいかないことも多いのです。

途中でペットを飼うことになったので、ペット用のドアに交換するのもありなんですね。
もちろん、逆もあるでしょう。

このサービスは長く住んでいると感じられる、とってもいいサービスです。

Kamiyaの建具、オススメの人とは?

kamiyaの建具をオススメの人は、

  • 少し高級感が欲しい
  • ハイドアにしたい
  • 変わった使い方がしたい

という方でしょうか。

紹介してくださった方も、
「オーダーの建具も流行っているけれど価格が高くなりがち、
 kamiyaの建具なら、価格を抑えられる」
と言っていました。

サイズも、オーダーしやすいようです。

近くのショールームは、横浜か仙台なので簡単に行ける場所ではありません。

サンプルなどはご覧いただけますので、ご検討されるのも良いかと思います。

ページの先頭へ