「栃木国体」のカウントダウンモニュメントは栃木県の素材を使ってできています!

色々な事

栃木県にも国体がやってきます!

42年ぶり。

私が子供の頃(11歳?)も、栃木県で国体を開催したのを覚えています。

というのも、国体選手の宿泊施設を用意できないため、私の家にも宿泊したのです。

確か、弓道の選手が3人泊まったと思います。

寝巻きがあると思っていた選手。
民家なので寝巻きなどありません。
そこで、母の寝巻きをきていました。

2022年開催! 栃木国体!

ウォーキングをしていて、たまたま県庁前を歩いていたら見つけたのがこちら!

カウントダウンモニュメントらしいのですが、今までと随分趣が違いますね。

今までであれば、大きな数字の表示されたパネルをイメージしますが、こちらにはありません。

その代わりに、モニュメント両端にモニターが付いていて、栃木県を紹介しています。

今回注目したいのは、その材料です。

貴重なものを使っていますよ!

栃木県産ヒノキ

栃木県というと「杉」を思い出す人も多いのではないでしょうか。

実は、ヒノキも作っています。

それも、かなり高級なヒノキもあるのです。

中央に立つ25本の柱が、ヒノキでできています。

25本は、栃木県の市町村の数。

上の曲線は、日光連山の稜線をかたどっています。

日光並木杉

日本で唯一、国の特別史跡と特別天然記念物の二重指定を受けている日光杉並木。

樹齢は400年にもなります。

今回は、特別に日光東照宮から分けていただいたのだそうです。

まず、手に入る材料ではありません。

今回は、モニュメントの中心に利用され、文字が掘られています。

大谷石

意外にも、これが一番お馴染みかも。

モニュメントの両脇の台に利用されています。

色々な場所で見るようになりましたね。

2018年には、日本遺産にも指定されています。

天明鋳物

「天明鋳物」とは、佐野市に平安時代から伝わると言われる鋳物です。

知らない方も多いかも。

千利休・豊臣秀吉・徳川家康、などが愛したと言われています。

私は、高校の時の部活で、取材に行ったことがあります。
当時は、お寺などの鐘を作っていました。
もう、30年以上も前の話です。

当時も、作っている方は少なかったのですが、このようなところで出会えるのは嬉しいですね。

このモニュメントが立っているところ!

ちなみに、モニュメントは、県庁前の交差点にある公園に立っています。

反対側から見た景色。

あのモニター、見えるのでしょうか?

国体の開催は来年です!

コロナも収まり、成功するるのを願いばかりです!

「地盤サポートマップ」は、栃木県の人にもとっても便利

あなたも出来る!家づくり 土地探しのコツ! 家づくり、知っておいて欲しい事

前回お知らせした「地盤サポートマップ」。
名前の通り、地盤に関する情報をたくさん知ることができる便利なホームページだったことは、おわかりいただけましたでしょうか。

それも、あれだけの情報を乗せておきながら無料なのですから、良い時代ですね。

実は、「地盤サポートマップ」はもっと色々な情報が掲載されていて、ちょっと調べるのにもとっても便利。

このような機能は、首都圏ばかりの印象もありますが、栃木県の方にもお役に立つように作られています。

今回は、それら便利情報をお知らせします!

避難所情報

宇都宮の、街中の地図です。

地図の中に、走っている緑色の人がいますね。

その位置が、避難所を示しています。

自宅近くの避難所は知っていても、少し離れた場所の避難所は知らないですよね。

自分の行動範囲の避難場所を調べておきましょう。

バス停留所

どこかに移動しようとするとき、探すのが大変なのがバスの停留所。

地図の上に、紫のバス停マークがあります。

そこをクリックすると、バス停の名前までしっかりと表示してくれます。

学区:小学校・中学校

土地を探すときに迷うのが学区。

あの学校に行かせたい、
今行っている学校を変えたくない、
と、多くの方が思われます。

そのような時に、とっても便利ですね。

用途地域

宇都宮が、キレイに塗り分けられた地図があります。

これは「用途地域」を分けた地図です。

「用途地域」とは、街の用途を、
 ・住宅のためも地域
 ・商業のための地域
 ・工場のための地域
などに、分けて街並みを揃えようという計画です。

家のすぐ横に大きな工場ができたりしないように、厳密に決められています。

白い地域は「調整地域」と言って、お家建設の制限をしているところで、簡単に建てることはできません。

おまけ:地耐力

最後に「地耐力」の表示された地図をお知らせします。

この地図には、実際に地耐力を測定した結果を表示しています。

赤丸:弱い地盤
青丸:普通の地盤
緑丸:やや強い地盤
黒丸:強い地盤

大まかな傾向は見て取れますね。
全般的に青丸。
しかしながら、赤丸がどこにでもあります。

と言うことは、全体的にまあまあの地盤強度が出ていますが、どの辺りにも地盤の弱いポイントがあるのです。

・昔から家があるから大丈夫
・この辺りは、強いから

と言うのは、見た目では決してわかりません。

しっかりと地盤調査をして、その結果をしっかりと見ることが大切なのです。

地盤サポートマップ

ぜひ、あなたも「地盤サポートマップ」を参考に利用してください。

以下のアドレスをクリックすると表示されます。

https://supportmap.jp/?fbclid=IwAR2GNNFdBjdkAVIfa7sa7eKt_lG1Di_MGjLwY5W3ZnIFF6X–VWvSfDPGEg#14/36.5564/139.8706

参考文献:

  • 地盤サポートマップ
  • ジャパンホームシールド株式会社

宇都宮市の地震で揺れやすさを知ることができる地図!

あなたも出来る!家づくり 土地探しのコツ!

先日の地震は大きかったですね。

翌日、お打ち合わせの予定だったお客様も、瓦がずれてしまったり、兄弟が被害に遭ったり、大変だったようです。

強いところでは震度「6強」もあったとか。

あの東日本大震災から10年。

今回の揺れを感じて、忘れかけていたあの日を、思い出した方も少なくなかったのではないでしょうか。

家づくりを考えている方の多くは、土地から探されます。

今回のような地震があると考えませんか?

「揺れにくい場所がわかる地図があればいいな」と。

実はあるのです。

宇都宮市の地震時の揺れやすさを表した地図

宇都宮市の、揺れやすさを表した地図はこちらです。
赤い部分は揺れやすく、青くなるほど揺れにくくなります。

色が重なって見にくですが、なんとなくわかりますか?

真ん中に新幹線が通っていて、宇都宮の環状線を見ることができます。

揺れの順番を改めて書きますと、下記の順番になります。

  1. 黄色

赤が一番揺れやすく、青が揺れにくいエリアです。

ここには表示されていませんが、山間部は揺れにくいようです。

南に行くほど、揺れやすいと表示されます。

ただし、これを過信するのはやめておいた方がいいようです。
東日本大地震の時にわかったのですが、揺れやすいエリアは細かく分かれていることが分かったからです。

あくまでも、参考程度にしておいてください。

大元の地図は、こちらです。

震度6弱以上の地震が発生する確率が高いエリア

それでは、今度は「震度6弱以上の地震が発生する確率が高いエリア」を見て見ましょう。

上の地図の、揺れにくいエリアとほぼ同じような結果になっていますね。

でも、宇都宮市の町がある部分ほぼ全域ですね。

揺れないエリアは調整区域

宇都宮駅の北側と環状線の間は、揺れにくいエリアでなおかつ震度6弱にもなりにくいエリアになっていますね。

ところが、ここは「調整区域」と言って「お家を建てることに制限のある地域」に指定されています。

安全な地域なわけですから、もったいないような気がしますね。

都市計画の際には、そこまで考えていなかったのでしょう。

津波のあった地域では都市計画が大きく見直されました。

栃木県でも、そのような動きがあっても良いのかもしれませんね。

日本で見る、地震の予想図

今度は、日本全域で見て見ましょう。

地震の発生確率:震度5弱以上

日本全域で見てみると、5弱以上の地震があるエリアは、こちらのようになります。

濃い赤の部分が確率が高いエリアです。

もう、日本のほとんどですね。

どこに行っても、地震に合うと考えたほうが良さそうです。

念の為言っておきますが「震度5弱」は、結構な揺れですよ。

棚が倒れたり、物が落ちてくるかもしれません。

ちなみに、今回の地震で片山が大切にしていたディズニーの飾りが棚から落ちて、大破したそうです。
あなたも、お気をつけ下さい。

地図には載せられませんでしたが、沖縄本島から石垣島まで、震度5弱以上の地震がある確率は高いようです。

地震の発生確率:震度6弱以上

今度は、地震の発生確率が震度6弱以上の確率を表した地図です。

こちらも、濃い色の部分が地震の発生確率が高いエリアです。

太平洋側がほとんどですね。

東北は意外に少ないように見えますが、津波など別な災害が起きやすいので安心はできません。

沖縄本島や石垣島は、なかなか震度6弱までの地震が起きる確率は低いようです。

地震時の揺れやすいエリア

今度は、地震の揺れやすいエリアを全国で見て見ましょう。

こちらも、青い部分は揺れにくく、赤い部分が揺れやすいエリアです。

関東地方は、全域が揺れやすいようですね。

東京、名古屋に大阪、日本の経済活動の中心部が揺れやすいエリアに指定されているのが気になります。

地震の元凶 日本の活断層

今度は、活断層を見て見ましょう。

「活断層」とは、地震の揺れの原因となる部分です。
ここの地盤がずれて、地震が起こります。

栃木県は少ないですね。

大阪・京都・滋賀エリアは多いですね。

活断層と揺れやすいエリア

活断層の地図と、先に掲載した揺れやすいエリアの地図を見比べてください。

活断層と、重なっているのがわかります。

特に、九州・四国・大阪、へ筋のようなものが通っているのが見て取れますね。

逃げられない日本

日本のどこにもある地震。

完全に逃げることは難しいようです。

しかし、避けたり、被害を減らすことは出来ます。

ぜひ、このような資料を参考にしてください。

震度の高いエリアと揺れやすいエリアは違う

「震度6弱」以上の地震が起きやすいエリアと、揺れやすいエリアを紹介しました。

では、この2つのデータとお家の被害は完全に重なるのでしょうか?

多分、違ってくると思います。

と言うのも、地震の影響は地盤の影響が大きからです。

「揺れやすいエリア」はその点を考えているかとは思います。

このような事を考えながら、もう一度見直して見てください。

地盤サポートマップ

下記、ホームページから見ることができます。

https://supportmap.jp/?fbclid=IwAR2GNNFdBjdkAVIfa7sa7eKt_lG1Di_MGjLwY5W3ZnIFF6X–VWvSfDPGEg#10/36.4285/139.7845

参考文献

ホームページ:地盤サポートマップ(2021年2月17日時点)
       ジャパンホームシールド株式会社

私の家が、無くなりました。これで「地上権」も消滅です!

土地探しのコツ!

新しい家をつくる、つくる、と言って早ウン年。

とうとう、家を壊しました。

今の感想は、う〜ん、サッパリしたかな。

やはり、いざ壊すとなると、少し寂しさを感じていました。

この通り、キレイさっぱり。

解体には、重機を利用するため、門の半分も壊しました。

ちなみに、これから家を立てるわけですが、まだ間取りなど決まっておりません。

今まで、何度も間取りを考え、悩んだのですが、全て却下。

私の父に応援を求めようと思い話をした途端に
「そんなのカッコ悪い!」
と反対派に、、、、。

と言うわけで家づくりの話は進んでいないのですが、解体の話は進めなくていけない理由があったのです。

壊したわけは「地上権」

ところで、なぜ今壊したのでしょうか?

「固定資産税」とかがかかるから?
そのようなものもありますが、別な理由もありました。

それが「地上権」。

あまり普段は聞かない言葉ですよね。

今回は、この地上権についてお話をしてみましょう。

「地上権」とは?

地上権を簡単に説明すると、土地の上に存在するものに生じる権利です。

例えば、あなたがAという土地をもらいました。
よ〜し、新しいお家を建てよう!と考えます。

しかし、そこには謎の家 B がありました。
登記はされているようですが、知らない人です。

この場合、あなたがBのお家を勝手に壊したり、好きに出来るかというとそのようなわけにはいきません。

謎の家 Bにも権利があるのです。
その権利こそが「地上権」です。

これが、車などになると簡単に移動できるので少し意味合いが違ってきます。

地上権に厳しいのは銀行

では、どのようなところが地上権を言ってくるのでしょうか?

それは銀行です。

私も、家づくりのために借り入れをしました。

その時に、抵当権がついてきます。

しかし、銀行が抵当権をつけるのは、一般的に土地のみなのです。

既存の建物が有っても、費用がかかるので抵当権をつけません。

ここで私がお金を払わなくなったり、破産したらどうなるでしょうか?

銀行は、裁判所を通し、競売にかけて、私の住んでいた土地を売りに出します。

しかし、家が残っていると、その家はその土地に建っている権利が残るのです。

それが「地上権」。

土地は他人のものになっても、建物は私が自由に利用できます。
建物は抵当権をつけなかったために「地上権」を行使できるからです。

要するに、このままでは土地と建物を競売で、一緒に売ることができないのです。

それでは、せっかっく競売にかけても高く売れません。

ですから「地上権」が発生しないように、銀行は建物を少しでも早く壊すように言ってくるのです。

または、建物にも抵当権をつけるように言ってきます。

数年にわたり銀行も待ってくれていたのですが、流石に
「壊すか抵当権の設定をして欲しい」
と、強く言ってきました。

「強く言ってきた」
と言っても、私がノロノロしていたのが悪いのです。

というわけで、私は壊す方を選びました。

抵当権の設定はお金もかかりますので。

左にある建物は、昔の事務所で残しました。。
今でも仕事で利用することがあるのです。

住宅ローンは、土地と建物の両方に抵当権を設定します

一般的に、住宅ローンを利用すると、土地と建物の両方に抵当権を設定します。

返済が滞った場合、速やかに銀行があなたの家を、少しでも高く売ってしまうことができるようにです。

なので、この方法を悪用することなど、簡単にはできません。

あなたの家づくりは、速やかに進めると良いですね!

「第3種換気扇」やっぱり寒い!これは無理だ!ダメだ!

あなたも出来る!家づくり 家づくり、知っておいて欲しい事

私は今、仮住まい。
のはずが、すでに2年を超えてしまいました。

家族の中では
「仮住まいのはずなのに!」
と言われていますが、、、
まあ、そのような話は終わりにしましょう。

今の住まいはマンション

その仮住まいは「マンション」

築10年以上経ったマンションです。

マンションに住んだ事など無かったので、この機会にと住んでみました。

「住めば都」
と言いますか、私はどこにでも住める性格なので、そこそこ便利。

でも、どうしても馴染めないことがありました。

それが「換気扇」

換気扇で快適性が全く変わる!

換気扇と言いますと、それほど気にならない設備かもしれません。

台所とお風呂と焼肉屋さんのイメージが強いかも。

今は、それだけではありません。

お家の中では24時間動かさなくてはいけません。
回しっぱなしです。
法律で定められています。
シックハウス対策のため、です。

24時間、ずっと換気扇を動かしっぱなしにすると、お家では換気扇に何を採用するかだけで快適性がガラッと変わってしまいます。

それを「仮住まい」で実感しました。

0度以下の空気が家の中に!

下の写真を見てください。
「仮住まい」の吸気口のをサーモグラフカメラで撮ったものです。

撮影したのは2021年2月3日午前7時半頃。

吸気口の中の温度は「−3度」。

気象庁発表の気温は−1.2度。

中の方が温度が気象庁発表より低い理由は色々とありそうですが、それは別な時に。

吸気口の中が−3度ですから、入ってくる空気もそれに準じた温度になっています。

想像してみてください−3度の空気が、常に家の中に入ってきているとしたら。

「今の技術で、そんな事無いだろう!
 断熱性能も高くなってきているんだから!」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、この換気扇を標準で採用しているお家は今でも多いようです。

なぜ、寒い第3種換気扇を採用する?

では、なぜこの第3種換気扇を採用している会社が多いのでしょうか?

簡単にいうと、安いから。

換気扇にもたくさんの種類があります。

単純に空気を入れ替えるものから、機能性の物まで。

いくらでもお金をかけられれば高性能な換気扇も付けられるのでしょうが、それはごく一部の人です。

それに、住宅会社は少しでも自分達が発売しているお家を安く見せようと努力します。

だから、この換気扇を採用するのです。
そもそも、換気扇の説明などしていないのかもしれません。

説明義務にもならない

お家の断熱性能を建築士は説明することが法律で定められました。
今年の4月から行われます。

ところが、快適性を左右する換気扇については説明義務はありません。

話にも上がっていません。

知らないうちに、この寒い換気扇を使っているお家は多いのです。

吸気口の周りも冷えてしまう

もう一度、サーモグラフカメラの写真を見てください。

下の方にある丸いところは、私のベッドの頭にある板の部分です。

どのような状況の部屋かわかりますか?

なんと、私が寝ている頭の上にこの吸気口があります。

冷たい空気がずっと入って頭の上に降り注いできますので、まともに寝ていられるわけがありません。

吸気口の周りが冷えているのがわかりますね。

冷たい空気が下の方へ流れているのもわかります。

換気扇の寒さを防ぐ方法!絶対 効果的!

そこで、寒さを防ぐ方法を考えました!

これです!

吸気口を養生テープで塞ぐ。

完璧です。

よかった、これでゆっくり寝れます。

なわけありません!

これは法律違反です。

絶対に真似してはいけません。

寒くならない換気扇

では、寒くならない、寒くなりにくい換気扇はないのでしょうか?

あります。

それが「全熱交換」機能を持った換気扇です。

結構昔からあるのです。

この換気扇。

俗称で「ロスナイ」と言われることもあるので、聞いたことがある方も多いかもしれませんね。
(「ロスナイ」は、三菱の換気扇の製品名なので、一般的に使いません。)

私が建てさせていただいたお家は、15年以上前からこのタイプの換気扇を使っています。

そうなのです。

そんなに昔から、いや、もっと昔からあるのに今でも使っていない会社も多いのです。

どのようにすれば住みやすい環境を作れるのか、もう一度確認してくださいね。

そして、健康的な生活をしてください!

ページの先頭へ