アスファルトの工場見学へ行ってきました!

色々な事

群馬県太田市、自動車メーカー「スバル」の街として知られていますが、それ以外の工場もたくさんあります。

今回は、縁があり「アスファルト」を作っている工場の見学をさせていただきました。アスファルトは仕事柄、全く無関係では無いため興味津々!

久しぶりの社会科見学は楽しく過ごすことができました。

アスファルトの代表的な利用場所は、道路。あの黒いと言いますが、道路表面グレーの部分です。駐車場にも利用されていますね。

道路や駐車場はコンクリートも利用されていますが、コストも低くや音が響きにくいアスファルトの方が適しているため、アスファルトがメインになっています。

エスホームの駐車場は面積も広いのでアスファルト。それも雨水が染み込みやすいアスファルトです。
多くの住宅の駐車場はコンクリートを利用することが多いですね。

東毛再生アスコン株式会社

下の写真が、アスファルトを作っている工場の外観。外からは何か分かりませんね。

この写真は、撮っていなかったのでGoogleから拝借しました。

中に入っていくと、いきなり大迫力!重機が工場内を走り回っています。

この東毛再生アスコン株式会社 アスファルト工場の最大の特徴は、アスファルトのリサイクル品を利用しているということです。これだけだと分かりにくいかもしれません。

早速、工場の中をアスファルトの製造工程を追いながら見ていきましょう!

アスファルトのリサイクル!

まずは、ここがスタート!

道路や駐車場から剥がしてきたアスファルトがここに集められます。

この廃材のアスファルトを一旦別な工場に運んで砕いてきます。

材料に生まれ変わったアスファルト

アスファルトを砕く工場から戻ったのがこちらです。

この写真だけを見るとよく分かりにくいかもしれません。これが再生されたアスファルトです。

下の写真を見ていただければお分かりになります。重機が入っているのが再生されたアスファルト。その左右にあるのが、アスファルトの骨材になる原料(砂利)です。砂利も、アスファルトの強度によって細かさを変えているので、何種類か用意されています。

砂利と再生アスファルトをミックス!

次に、この機械で様々な砂利を混ぜます。混合にはどの種類の砂利を入れるのかアスファルトの種類によって違うので、それぞれの場所から自動で出てきます。

装置の下の方を見るとベルトコンベヤーに砂利が出ているのが分かります。ここで必要な分の砂利が供給されます。実際にはパソコンで操作しているようです。

砂利とアスファルトを混ぜます!

混合された砂利に、アスファルトの液体を高温の状態で混ぜます。その装置が下の写真です。

写真の右にある壁の反対側に先ほどの砂利を混合するベルトコンベヤーがあります。そこから奥のパイプを通り、左側上にあるパイプを通ってアスファルトと混合されます。

ここは、装置が詰まってしまわないように羽のような物が内部で動いているのだそうです。

高温にしないと固まってしまうため、都市ガスを使い加熱しているそうです。

タンクに貯められます!

完成したアスファルトは、このタンクに貯められます。この中は、アスファルトが固まらないように150℃の温度で保温されているそうです。

写真でもわかるように、このタンクから直接トラックに乗せられます。

アスファルト敷

アスファルトを敷き詰める工事のしているのだそうです。こんなにマジマジと見たのは初めて。
ナンバーがついている重機もあります。これは工事をする上で道路を移動することがあるのであると便利なのだそうです。

実は、ここに写っていない大型の機械もありました。大きいだけに、操作も数人で必要になり大変なのだそうです。

試験室

試験室も見せていただきました。
下の写真は、どのくらいの荷重に耐えられるのかを調べる装置です。

30cmくらいの厚さがあるアスファルトも!

こちらでは最近は扱っていないらしいのですが、分厚いアスファルトのテストピース(試験体)を見せていただきました。大きさが分かりにくので軍手、それも何重かに重ねた軍手を並べてみました。

一般的にこの厚さのアスファルトはあまりありません。国道などで採用される厚さだそうです。

上水の引き込みを工事をする時、国道の工事は費用がかかると言われていました。これだけ厚いアスファルトがあるのでは、工事が大掛かりになることも理解できますね。

また、このテストピースを見ると、上(表面側)と下(地中側)とで含まれている石のサイズが違うことがお分かりにかるかと思います。上の方が細かくて、下の方が大きい石が含まれています。これは、細かい石が多い方が固くなるのだそうです。

一般的なアスファルトの厚さは、下の写真くらいです。全然違いますね。

お世話になっているアスファルト

外に出るときには必ずと言っていいほど見る、と言うよりも踏みしめるアスファルト。社会環境を良くするためにも重要な材料です。

初めて工場を見せていただき、構造などについても理解することが出来ました。

また、アスファルトとか土木っぽい会社となると、元気のいいオッちゃんがやっているようなイメージがあるかもしれません。

この東毛再生アスコン株式会社は違いました。

社長の池田さんも、案内してくださった池田さんも、とっても優しそうな人。

規模にもよりますが、一般の方からの直接のお仕事も受けています。

社員も募集しているそうです。

興味があれば声をかけてみてはいかがでしょうか。

池田さん、ご案内いただきありがとうございました!

東毛再生アスコン株式会社 会社案内

会社名東毛再生アスコン株式会社
所在地〒370-0313 群馬県太田市新田反町町130-1
電話番号0276-56-5528
FAX番号0276-56-5526
代表者代表取締役 池田 智
HPhttps://tomo-ascon.co.jp

宇都宮市 若草自邸 耐力壁面材を貼りました!面材はハイベストウッドを採用しています!

西村邸の家づくり

お家の柱が立って、屋根などができてくるとお家をガッチリと強くしてあげます。そのための耐力壁の話です。

耐力壁って何?

木造の建物を建てた場合、家の強度を増すために耐力壁という壁を作ります。簡単に言えば、強い壁を作ってその家を強くするということです。

この耐力壁には大きく分けて2種類あります。一つは、つっかえ棒のように斜めの木材(筋交と呼ばれます。)を入れる方法と、もう一つは合板(面材と呼ばれます)を貼って強くする方法です。

若草の自邸では、面材をメインに採用しました。

面材は、ハイベストウッド

面材と言っても色々な種類があります。それぞえれが特徴を持っているので、どれが一番いいとは言い難いところです。

有名どころでは「ダイライト」という製品があります。このダイライトは、面材としても強い上に、火にも強いという特徴を持っています。

今回採用したのは「ハイベストウッド」です。ダイライトよりも約1.6倍の強度を出すことができます。ダイライトと比べると火に対して弱いということは有るのですが、外壁側は火に強いネオマフォームで囲っているので問題ないと考えました。

ダイライトを貼りました!

ダイライトを貼ると、このようになります。釘は強度により種類や間隔が違ってきます。今回は、壁強度4倍としたので釘のCN65を外周部100mm間隔、中間部200mm間隔で打っていきます。もう少し弱い2.5倍の場合には、釘がN50又はCN50になります。

「ならば全部強い4.0倍の方がいいのではないか、」と思われるかもしれませんが、壁を強くすると基礎などへ力を伝えるホールダウン金物なども強くしなくてはいけなくなり、構造バランスが悪くなる、場合によっては成り立たなくなることがあります。最近は様々な金物が出てきているので収められるのですが、加減も必要かと思っています。

写真でもわかるかと思いますが、ボードとボードの間には隙間を開ける必要があります。聞いているわけではないのですが、建物が自身で歪んだときにそれぞれのボードが当たって外れてしまわないようにするためであろうと思います。特に、コンクリートで作られている建物などは、このようにお互いの構造体で壊してしまわないように隙間を開けることになっています。

ボードの継ぎ目にはテープを貼ります!

耐力壁面材のボードの間にはテープを貼ります。これは、気密を取るためです。テープを貼らなくても気密はある程度出るのですが、今回は建物の形状やサッシなど、気密が出難い要素がたくさんあるので大工さんに無理言って貼ってもらいました。ありがとうございます。

屋内からの眺め

屋内から見ると、このようになります。

抜け感が良いですね。
柱と間柱の間に見える壁のようなものが、今回のハイベストウッドです。

外周部は、ハイベストウッドだけで強度を出すことができるので、筋交は入れる必要がありません。ただし、内部には筋交を利用しています。筋交の方が安いですし、納まりもいいのです。

通常だと、これだけの空間になると途中に梁があったり火打があったりともう少し賑やかになります。

抜け感が良いスッキリとした部屋の理由とは!

なぜこれだけスッキリしているのかというと、それには理由があります。

屋根の部分に24mmの合板を貼り強度を増しているからなのです。今までの12mm合板ではこうはいきませんでした。

この構造に喜んだ方がいました。それは建築士。最近2階リビングが増えています。それも有名な方が2階リビングを採用することが多くなりました。その一つの原因が、ここにあると思っています。

広い空間を、雑音なく作りやすいのです。

しっかりとした構造計算は必要ですが、一つの方法として面白いですね。

宇都宮市 若草自邸 BOX型の耐震開口フレームを取り付けました!

西村邸の家づくり

壁全面に窓を設置する場合、補強する必要性があります。多くは、ブレスと言って鉄筋のような物で補強しています。ところが、その場合には鉄筋が窓の前に見えてしまうのです。う〜ん、どうもカッコ悪い。空を見たくて窓をつけるのに、バッテンを見なくてはいけないのか、、、、。と思い、思い切ってBOX型の開口フレームを採用しました!

門型フレームを採用した時には、下に基礎があったのでそこを利用することができました。しかし、2階部分などはそのような強い部分がありません。そこで、四方を囲ってあげます。

下を付ける

まずは、下枠から付けていきます。縦横を間違えないように配置していきます。

BOX型の場合、4つの部品に分かれています。門型の場合には2つでしたね。

下も無事に治りました。

上を取り付ける

今度は上を取り付けていきます。こちらも2mmづつ隙間を見ていたのですがなかなか入ってくれません。これは、工場での精度だけではなく水分により若干寸法が変わっているのだと思います。

こちらも、大工さんとエスホームスタッフで施工しました。

なかなか硬かったのですが、無事四方のフレームを付けることができました。

接続金物を入れる

右上・右下・左上・左下、4つのパーツを繋げるために金属のパーツを差し込みます。四角に見えますが、実際には台形の形をしています。

小ーチスクリューボルトを差し込みます!

門型と同じ、長〜い小ーチスクリューボルトを差し込みます。

これで完了です。

こちらも、約30分ほどで完成しました。

メーカーでは大工さん1人でも施工できると言っていました。確かに、慣れれば1人でもできるなと思いました。

歪みを確認!

最後には、それぞれくっ付けた柱が歪んでしまっていないかレーザーの機械で確認します。

概ね問題は無さそうでした。

完成写真がこちら!

完成した写真がこちらです!上の方にある緑色の部分がある枠の部分がBOXフレームです。上に窓を多く付けたかっらので、今回のようなフレームを採用しました。さて、これからどのようになるのでしょうか。

今年も事務所に鯉のぼりを上げました!

色々な事

エスホーム恒例!鯉のぼりを上げました!

今日は天気も良く、風もちょうど良く吹いてくれているので気持ちよさそうに泳いでいますよ!

国道4号線沿い平出(ニトリの隣)にエスホームの事務所はありますので、国道4号線を走ることがございましたら見ることができます!

ぜひ、こちらを通る時にはご覧になってください。

火曜日・水曜日は定休日のため上げませんので、悪しからず。

宇都宮市 若草自邸 壁を補強する門型フレームを取り付けました!

西村邸の家づくり

今回の若草自邸では、構造的に厳しいところが何ヶ所かありました。そこで、補強するために特殊な補強材を3ヶ所か利用しています。今回は、門型フレームです!

門型フレーム!

門型フレームとは、開口は作りたいけれど強度が不足してしまう、増改築を行いたいけれど強度不足、という時に利用されます。このフレームを組み込むことでその家を強くすることができるのです。

材料は工場で作られ、細かいパーツもいっしょについてきます。

下の写真が、門型フレームの半分。オレンジ色の服を着ている方が下、白いシャツを着ている方が上になります。今回は、この形の材料を2つ組み合わせて強い壁を作ります。

重さは、男2人でやっと運べるくらいです。

緑色の部分がアラミド繊維と言って、強い材料で接合しています。

門型フレーム さっそく組み込み!

建物に持ち込んだら、早速組み込みます!

基本的に2人くらいでもできるそうですが、今回は社員総出で組み込みます。みんなを呼んでおいて良かった!

ピッタリの寸法では入りませんので、上下2mm、左右2mmの余裕を見ています。が、入りません。雨とかでふやけたのでしょうか。

みんなでガンガン打ちつけたり、無理やり隙間を作って差し込んでいきました。でも、ピッタリ!基礎のボルトから上までピッタリなのは気持ちがいいですね!

反対側も入れています!

反対側も、入れていきます。監督の後藤君は流石に体が軽い!大活躍です!!

すんなり入ってくれればいいのですが、そうはいきませんでした。

後藤君が打ちつけて、入れていきます。途中、入らないのではないかとヒヤヒヤしましたが、なんとか入れることができました。

基礎とのボルト締め!

次に行ったのが、基礎とのボルト締め。狭いので少し大変です。

ダブルナットで止め付けます。これなら緩まずに安心ですね。

ちなみに、足元の金属部分は、このように柱に食い込んでいます。

2つの部材をプレートで繋ぎ止めます!

2つの部材をはめ込みましたので、今度は間の繋ぎ目に金属製のプレートを差し込みます。

1枚持つと、結構重いです。

流石に、このプレートはすんなりと入りました。

繋ぎ目の穴に、太いドリフトピンを入れていきます。入れると言っても大工さんが力を入れて思いっきり叩いてやっと入るくらいの硬さです。

以前紹介した、金物工法と同じようなピンでした。

長いコーチスクリューボルト!

長いコーチスクリューボルトを差し込みます。

これが、取り付けた後の状況がわかるように撮った写真です。左の少しピンクがかっている方が門型フレーム、右側の少し白っぽい方が柱です。

こんなに長いコーチスクリューボルトでも、大工さんはあっという間に入れてしまいます。早すぎて写真が撮れないくらいです。

完成です!

とうとう完成しました!作業時間は30分ほどでしょうか。なかなか大変でしたが、順調に進みました。これでお家の強度を保つことができます。

次回は、BOXフレーム開口をお伝えします。
今回は、基礎がある安定した場所でしたが、次回の場所は一般で言うところの2階部分になります。
お楽しみに!

ページの先頭へ